和歌山県の開発運営

和歌山県の開発運営

IRの開発運営

残念ながら、後に断念する事になります。

和歌山IRの開発運営

和歌山県が誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者、クレアベストニームベンチャーズ」(東京)は7日、開発と運営に携わるパートナーとして日本の「AMSEリゾーツジャパン」と仏カジノ大手「グループ・パルトゥーシュ」が加わったと発表した。

和歌山県のIR開発運営

IRカジノ開業時期

日仏加の共同体が和歌山県と一体となり、区画整備計画を作成します。大きなポイントとなるのは開業時期で県は「2026年春」をクレアベストは「27年秋」を提案しています。

和歌山IRの開発運営グループが、他所より一歩リードの様相です。

 

和歌山IRの開発運営グループ詳細

クレアベストニームベンチャーズは、カナダのトロントに本社を構えています。クレアベストニームベンチャーズは、IR投資会社クレアベストグループの日本法人です。

AMSEリゾーツジャパンは拠点を日本に置くIR開発及びマネジメント会社。COOは米最大手「ラスベガス・サンズ」の元社長

「グループ・パルトゥーシュ」はパリ、ニース、スイス・ジュネーブなど欧州を中心に42カ所でゲーミング施設を運営する仏カジノ大手。ホテル、レストラン、ゴルフコース、スパ、ビーチなど手広く運営しています。
ゆえに、日本のIRにも早くから関心を示し、日本のピクセルカンパニーズと組み、長崎IRに参画してもいました。

和歌山IRの開発運営グループは、チームのノウハウを有効活用しています。和歌山を日本のeスポーツの中心地にしたい構想もあるようです。

eスポーツにもベット出来るのはこちら

 

IR法案関連記事はこちら

和歌山県の開発運営

 

 

開発運営

関連記事

ページ上部へ戻る