ベラジョンカジノ違法賭博

ベラジョンカジノ違法賭博

違法賭博ではないベラジョンカジノベラジョンカジノ         

 

ベラジョンカジノは、法律的に違法か? が気になる人も多いと思います。日本では、法律で賭博が禁止されているということは、多くの人がご存知かと思います。

 

ベラジョンカジノをを始めたいと思ったら、気になるのがオンラインカジノの法律問題です。 ベラジョンカジノに限らず、海外のオンラインカジノを日本でプレイする場合、日本の法律上では、どうなるのか?

 

結論からいうと、日本でベラジョンカジノをプレイすることは違法でも合法でもありません。

 

ベラジョンカジノを始めるなら、オンラインカジノと法律の関係を、必ず理解しましょう。

 

過去の事例、オンラインカジノの摘発事件の経緯とその真相。その他、ベラジョンカジノが法律的に問題ない理由と根拠を具体的な法律のお話を交え解説します。

 

ベラジョンカジノ違法賭博ではない理由   

 

オンラインカジノ全般、ベラジョンカジノを含め、法律的に違法賭博か、という根本的な疑問について解説します。

 

結論からいえば、ベラジョンカジノを含む多くのオンラインカジノ自体は、違法賭博ではなく、合法とも言えない、グレーゾーンです。

 

オンラインカジノ自体は、法律的に違法な賭博にあたりません。 なぜベラジョンカジノが法律的に違法ではないのか?という疑問の答えは、オンラインカジノを運営している会社は、2つの条件をクリアしているからです。

  • 合法の国(海外)で運営されている(サーバー設置)。
  • 海外政府の運営ライセンスを取得している

この2点を抑えているオンラインカジノを運営会社は、基本的には法律上の問題がなく、個人でベラジョンカジノを楽しむこと自体は、日本の現行法律では違法になりません。

 

法律で認めている国で運営(サーバー設置)        

 

ベラジョンカジノのようなオンラインカジノを法律で認めている国は、この世界中でほぼ200ヶ国にのぼります。

 

有名なところではカナダやフランス、香港やオーストラリアなどです。いわゆるランドカジノがOKな国ではカジノそのものが法律で認められています。 ベラジョンカジノなども法律上問題ないところが大半です。

 

日本でもIR(統合型リゾート施設)法案、俗にいうカジノ法案が可決しています。近い将来に日本は国内にランドカジノが登場するのは確定的です。

 

海外政府の運営ライセンス                

 

ベラジョンカジノ他、オンラインカジノは、法律で営業が認められている各国政府、および自治領から、運営許可証を受けて運営を行っています。 それが意味することは、ベラジョンカジノのような存在自体には法律的に何ら違法はありません。 もちろんライセンスがないのに、法律に反して営業している無免許のカジノは、悪質なものが多いので要注意です。

 

つまり、法律的にも堂々とオンラインカジノを運営するためには、必ず「運営ライセンス」の取得が要求されます。

 

運営ライセンスの取得方法                

極めてシンプルですが、運営対象であるライセンスの発行国(政府)に法律上の審査を依頼し、それに合格すれば「運営ライセンス」を取得できます。

運営ライセンスの発行国政府の審査基準は、国よってばらつきがあります。

 

比較的信頼のおける、言い換えれば審査基準が厳しいオンラインカジノ運営ライセンスの発行国は次の通りです。

 

「マルタ共和国」「ジブラルタル」「キュラソー島」「マン島」「イギリス連邦」

ベラジョンカジノは「キュラソー島」の運営ライセンスを取得して、法律をクリアした営業を行っています。

ベラジョンカジノに対して政府が運営会社へ許可を与えている以上、違法ではなく、合法として認可国に認められているのです。 そして、株式会社上場もしており、社会的にも認められているのがベラジョンカジノです。

 

違法性の確認のため、オンラインカジノを遊ぶ際は、どのライセンス発行国で運営ライセンスを取得しているか?という部分も確認して、法律の上で安心してプレイをすることをおすすめします。

 

ベラジョンカジノ違法ではない              

 

オンラインカジノのベラジョンカジノは、法律的に違法ではないことは、十分理解していただけたと思います。

 

では、日本人が日本国内でベラジョンカジノを含むオンラインカジノでプレイする行為は、法律的に大丈夫なのか。

 

結論は、ベラジョンカジノおよびオンラインカジノを、日本国内でプレイすることは、法律的には、グレーゾーンということです。

 

ベラジョンカジノを日本でプレイすることは、なぜ「グレーゾーン」なのか?

 

日本でベラジョンカジノなどのオンラインカジノで遊ぶことが、法律上は、グレーゾーンになる理由を解説しましょう。

 

海外のオンラインカジノを規制する法律は日本にない    

 

日本では、オンラインカジノに関する法整備、賭博法を適用する法律がありません。ベラジョンカジノも、法律が整備されていない事で、警察も検察も取り締まれないのです。 海外に拠点(サーバー)を置くベラジョンカジノも、取り締まる法律が無いのが現状です。

 

最終的には個人の判断となりますが、ご自身の責任で判断するしかありません。

 

パチンコ・スロットもグレーゾーン           

ベラジョンカジノ違法賭博

パチンコ・スロットも法律上合法でもなく、違法でもないグレーゾーンです。

国営ギャンブルである競馬・競輪・競艇・宝くじ・LOTOは、日本の法律に基づき運営されています。もちろん、違法ギャンブルではありません。 完全なる合法な賭博、ギャンブルにあたります。

 

パチンコ・スロットは、国営ギャンブルではありません。 法律の抜け道をつくってパチンコ店、景品交換所、景品卸問屋この3店で特殊景品を回している、すなわち『3店方式』で法律的に違法をまぬがれているのが現状です。

 

パチンコ・パチスロ店もベラジョンカジノと同じ、法律の『グレーゾーン』で運営を行っています。ことを知らない方も多いのではないでしょうか。

 

ベラジョンカジノは、法律のグレーゾーンにある。パチンコ・スロットと同様ということを理解しておきましょう。

ベラジョンカジノ

関連記事はこちら

 

関連記事

ページ上部へ戻る